妖精 おとぎの国へようこそ
“自分の心の土にタネをまき
あこがれとトキメキを呼びこんで
夢という名の花をさかせたい”

花

そんな想いで人形をつくりはじめて十数年もの歳月がすぎました。
指先に願いをこめて紙ねん土に魔法をかける。
すると、小さな動物たちが、お姫様が、おとぎ話の主人公が、
独りでに表情を作って躍りだす・・・。
私にとって人形づくりは、何もかも忘れて、
夢中になれるかけがえのない楽しいひとときです。

人目につかない小さな花にでも、その花に似合う鉢があるもの。
さまざまな花の色がときを彩どり、人の心を彩どる。
そんなふうにささやかな想いをつなげていって、日本一小さいけれど
夢いっぱいのテーマパーク、ファンタジーワールドを完成させたいー。

私のつくる人形たちが皆さまの心に、少しでもほのぼのとした
やすらぎとぬくもりを与えることができますならば幸せです。

おとぎ工房 福崎礼子


 
 
【福崎礼子プロフィール】

   1957年 十日町市に生まれる
   1985年 紙ねんど人形を創りはじめる
   1987年 よしざわウィンドーギャラリーにて作品発表開始
   1993年 十日町市クロス10にて第1回個展開催
   1994年 「にいがたJA共済」の表紙に毎月作品を掲載
    〜1995年
   1996年 十日町市クロス10にて第2回個展開催
   1998年 十日町文化賞授賞
   2001年 「おとぎの国美術館」OPEN
         現在に至る

   現住所:新潟県十日町市在住